2000年6月10日(土曜日)



世界で活躍するビジネスマンや、国際結婚で海外に暮らす
日本人など、住んでみないと分からない、その国の生活や文化 
現地の様子などを伝えてもらいます。


「ワールドストリート」今回は(ハワイです。

大小130の島で構成されるハワイ諸島…。
人が暮らしているのは、カウアイ、オアフ、マウイ、ハワイなど
7つの島です。そのうち、ニイハウ島は、ハワイの王族、もしくは
決まった血筋のハワイアンしか
住めず、訪れるにも許可がいる特別な島なので、
自由に行き来することが出来るのは、実際は、6つの島だけです。
この6つの島の中で、一度訪れたら、また何度で行きたくなる、
そう言われている島が、マウイです。

ハワイ・マウイ島で、「ラハイナ・ダイバーズ」という
ダイビングスクールとショップを経営されている、
村田晶代さんにお話をうかがいました。

マウイ島の魅力は、とても田舎で、静かでリラックスできるとことで、
お父さんはゴルフ、お母さんはショッピング、子供はダイビング
みたいに、家族で楽しめる島だそうです。
アキヨさんはマウイ島でダイビングショップを始めるキッカケは、
14年前、ダイビングインストラクターの資格を取りにカリフォルニア
の専門学校に入学。その後、海外で働きたかったので
世界各地に履歴書を送ると、マウイ島のこの店から採用があった。
6年前、アメリカ人のオーナーがこの店を手放すことになって、
この店を買い取り、店長になりました。
ここまで来るのに、相当な苦労があったと思うのですが、本人は
「好きなダイビングの仕事だから、困ったことも、苦労したことも、
全くない。酸素ボンベを運ぶのが重いぐらいかな」と明るく笑います。
ダイビングは、ライセンスがないと海に潜れないと思ったら、
ラハイナダイバーズでは、ライセンスがなくても体験ダイビングで
潜ることができます。40分、99ドル。7〜8mのところを潜る。
インストラクターも付いているので安心です。
アキヨさんは、これからもずっとハワイで暮らして、将来の夢は、
ここに牛や馬を飼って牧場をやりたい、ということでした。



マウイの沖に出るとサンゴ礁には、
熱帯魚がたくさん泳いでします。
尾っぽの黒いのがクロスズメダイ。
黄色キイロハギ。


縞模様がハタタテダイ。マンタや海亀に
出会うことも多いそうです。


ラハイナダイバーズでは二艘のボートを所有。
お客さんは85%がアメリカ人で10%が日本人だそうです。


ラハイナから1時間ほどのモロニキ島。
ここでは、海亀やマンタも見られる人気の
ダイビングスポット。


椰子の木に囲まれた、白い壁の素敵な
「ラハイナダイバーズ」。
マウイ島で知らない人はいないほど
有名なお店だそうです。

■住所
143 Dickenson Street Lahaina, Maui Hawaii, 96761
Phone (808)667-7496 Fax (808)661-5195



店内はラハイナダイバーズオリジナルの
Tシャツ、帽子、アクセサリーからダイビング
用品まだ揃えています。


日に焼けた笑顔がチャーミングな
村田晶代さん。東京都大大田区
大森の出身だそうです。



■「Lahaina Divers」のホームページ
http://www.maui.net/~lahdiver/jp/j.htm